今日もワインを飲んでます そして思いついたことを書きつづる

  • 古いワインは美味しいのか? Vol.1

    シエル・エ・ヴァンでは様々なワインを取り扱っていますが、古い年代物のオールドヴィンテージワインの取り扱いにも力を注いでいます。

     

    理由は2点。

     

    一つはビジネスとして、「生まれ年のワイン」をプレゼントするというお客様のニーズに応える為。

     

    この場合、お客様のニーズは純粋にワインの味わいではなく、原料のブドウの収穫年を表すヴィンテージ(年号)にあります。もっと乱暴にいえば、ヴィンテージの数字だけに価値をお持ちです。

     

    生産者やワインのスタイルよりも、生まれ年がラベルに印字されていることが大切なのです。

    ビジネスライクなお話ですが、売上を上げるには、例えば30年熟成レベルの物でも7000~8000円位と安価な物が最も売れ行きが良く、『生まれ年のプレゼント用』の古いワインに関しては、当店では出来るだけ安価なオールドヴィンテージワインを揃えることに努めています。

     

     

    では、30年熟成レベルの古酒で、7000~8000円で販売できるワインは美味しいのでしょうか?

     

     

    ハッキリにいうと、その 【価格に見合った】 品質・美味さは到底期待できません。

     

     

    若いワインでそれだけのお金を出せば、それこそ高級ワインといえる素晴らしいワインが買えるわけで、純粋に味わいだけを考えるなら絶対に古いワインよりも若いワインを買うべきです。

     

    古いワインは年々消費が進み、当然個体数は減少します。

    その希少性から、味わいに関係なくワインの取引価格は上昇するので、必然的に古いワインは高くなります。では30年熟成の7000~8000円程度のワインは、元々(若い現行ヴィンテージといえる時期)はいくらほどで販売されていたのかというと、おおよそ2000~3000円程度なのです。

     

    ですから、純粋に味わいをお求めになるときに、このようなワインを買うことは絶対に避けるべきです。

    所詮、並級品のワインなのですから、これほど高額なお金を出す価値はありません。

     

    またワインは古くなれば美味しいのではなく、大切なのは『飲み頃』です。

    熟成すれば美味しいのではなく、個々のワインが持つポテンシャルに見合った飲み頃が、そのワインの一番美味しい時期なのです。

     

    リリース価格2000~3000円の並級品ワインの飲み頃はせいぜい10年程度。

    フランスで造られる比較的長期熟成向けのクラシックスタイルのワインでも、5~10年程がいわゆる飲み頃で、この期間がもっともワインが輝く時期でしょう。そして更にプラス5年間程が、古酒特有のチョイ枯れ感を愉しめる時期。それ以上となると、そのワインが持つ本来の魅力はもう楽しむことはできません。

     

    ですからそのレベルのワインの、30年熟成や40年熟成の味わいとなると、もう飲み頃を過ぎた、エキス分の薄いワインとなっています。

     

    しかしだからといって不味いというわけではなく、またワインに求めるニーズが『年号』そのものにあるのなら、確かに味わいそのものはピークを過ぎてはいても、それ以上に、生まれた年、就職された年、結婚した年など、想い出深い年号のワインを飲むことに大きな意味が、そして価値があるはずです。
    ご自身の素晴らしい想い出や様々な出来事、苦労、そしてその苦労を乗り越えて今があること、そんなことを想い出しながら味わって頂ければと思います。

    オールドヴィンテージワインの味わいは、単純にワインのエキス構成そのものの美味しさだけでなく、それ以上の深い価値があるのです。

     

     

    さぁ、ここまで読んで、

     

    『なんだ、結局オールドヴィンテージワインって美味しくないのか!』

     

    って思われる方もいらっしゃるかも知れませんが、そう短絡的なお話ではありません。

    大切なことは

     

    『飲み頃』 なのです。

     

    ~ 続く ~

     

  • エラスリスのその後

    本日、エラスリスの正規インポーターさん

    『ヴァンパッシオン』の担当者様とお会いしました。

     

     

     

    焦点の

    『エラスリス・カイ』ですが、テイスティングでトップを取った2006ヴィンテージは既に完売とのこと。。

    今後は2007ヴィンテージが現行ヴィンテージになるということです。

     

    お話を伺いますと、2007の方が生産元での評価は高いらしく、今までのヴィンテージの中でも最強の出来ではないかとおっしゃっていました。

     

    この2007年は現在輸送中で、日本への納入が来月半ばになるとのことです。

    到着次第、即仕入れて皆さんにお届けさせていただきますので、今しばらくお待ちくださいね。

     

     

    一点、ユーザー様にとってはヨロシクない情報が・・・

     

    2006のエラスリス・カイは、インポーター希望小売価格、いわゆる定価が8500円だったのに対し、2007は9800円とのこと。。

    出来が良いということで、ワイナリー(ヴィーニャ・エラスリス)からのリリース価格自体が値上げされたようです。

     

    このワイナリー、インポーターさんのお話では、本気で『世界一』のワイン造りを目指しているらしく、カイ以外にもプレミアムなファインワインがズラリ。

    それでも高いことは高いですが、最上級モデルでも2万円台と、フランスやカリフォリニアの高級ワインと比べれば随分とリーズナブル。

    今後、この生産者は注目して見ようと思います。

     

  • アポは26日。エラスリスのインポーターさん。

    先日のブログで『エラスリス・カイ』を取り扱うといいましたが

      ↓     ↓     ↓

    http://www.ciel-vin.jp/contents/wine-blog/20100521post-94

     

     

    正規インポーターのヴァンパッシオンさんの担当者が26日に来社します。

     

    もうすぐ当店でも取り扱いしますので、今しばらくお待ちください。

    ※ホンノ進捗状況のご報告でした。楽しみです♪♪

     

  • 自信を持ってお勧めできる物が入荷しました。

    ボルドーの赤ワインにおいて、歴史に残る偉大なヴィンテージ1982年の

    シャトー・ムートン・バロン・フィリップを6本。

     

    また

    シャトー・ラ・トゥール・フィジャックの1969年の、状態完璧な物を6本。

     

    入荷しました。 

     

     



     

     

     

    共に年号に対し液面レベルは高く、エチケットの状態も完璧といえる極上物です。

     

    もちろんサクッと空輸で持ってきました。

     

    ご興味のある方は買ってくださいね。

     

    ラ・トゥール・フィジャック1969年は、数少ない40年以上熟成のワインの中で『飲んで美味しい』オールドヴィンテージです。

     

  • チリワインは今後目が離せませんね。

    チリワインがコストパフォーマンスに優れるというのは誰しもが認めるところですが、

    コスパを得意とするチリの生産者が、贅沢なコスト&仕込みでプレミアムなワインを造るとこうなるのですね。。

     

     

    「エラスリス カイ」、1級シャトーを破る : ワインニュース : ドリンク&ワイン : グルメ : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

    チリ、スーパータスカン、ボルドーのトップワインのブラインド・テイスティングが、ニューヨークで開かれ、チリの「エラスリス カイ 2006」が、はるかに高価なボルドーの1級シャトーを抑えてトップに選ばれた。  ニューヨークで評論家、ソムリエ、小売業者ら70人以上が参加して、マンダリン・オリエンタル・ホテルで開かれた。ホストを務めたのは1976年の「パリスの審判」で、カリフォルニアワインの優秀性を世界に知らせた評論家のスティーヴン・スパリュア。過去に、ベルリン、東京、ロンドンなどで同様のイベントが行われた。~~ 続く ~~

     

     

    『価値あるワイン』はドンドン取り扱うのが当店のポリシー。

    早速インポーターを当たってみます。

     

     

    8000円前後のワインが、オーパスやオー・ブリオンよりも上位なんて・・・

     

    まぁグラステイスティングなんで、本当の意味での真価は見極められるものじゃありませんが。。

    ワインの真のポテンシャルは、1~2時間程じっくり時間をかけて、『ボトル1本』を飲み切らなければわかるものではありませんので。

     

    オー・ブリオンのボトル最後の1杯と、エラスリス・カイのボトル最後の1杯との勝負なら、100%オー・ブリオンに軍配が上がるのは絶対的な事実なのです。

    (供に最初から飲み続けた上での「最後の1杯」です。) 

     

    しかし、それでも1/3から1/5以下のワインがこれだけの評価はマックス見事!!

    乞うご期待くださいませ!

    (いかほどの物か、楽しみです☆★)

     

    当店が採用するまで待てないというせっかちな方は

    『エラスリス カイ 2006』

    で検索すれば、たくさんの通販サイトが出てきますのでお試しを。

     

    シエル・エ・ヴァンで採用の際には、期間限定の【ネット最安値】でお出しすることをお約束いたします☆★

     

     

    ワインの通販ならシエル エ ヴァン

     

  • 続・ワインの偉大さの実用的な定義 完

    考えてみましょう。

     

    ワインを産み出す芸術家は、12ヵ月に一度のチャンスしかありません。

    最初の11ヵ月はヴィンテージの下準備。そして収穫日をいつにするかという、一年を通じて最も重要な決定を下します。ブドウを摘み取ってしまったが最後、後戻りはできません。果実は熟しすぎていることもあるでしょうし、未熟な場合もあるでしょう。そのため、それを完璧に見極めるのが彼らの目標ですが、これは容易なことではありません。

    特に、自然の気まぐれを(天候)を考慮すれば尚更大変です。

     

    こうした生産者は一年中、事実上一日も欠かさずに、畑もしくは醸造所で働いています。

    彼らはセラーに寝かされている新酒の管理人なのです。

    ブドウ樹を刈り込み、剪定し、畑の健康と収穫量と、全体的なバランスに気を配る畑の管理人でもあるのです。

    ワインの生産者は11ヵ月間もの労働の後、10~20日間の収穫によってしか、自分の価値を示すチャンスがないのです。

     

    これらの生産者たちは、男女にかかわらず、重労働に対するうらやましいほどの情熱と、激しさと、肩入れを持っています。彼らは妥協を知らず、特別な畑を管理しているのだという責任を自覚しています。

    人間に可能な限り最も自然に、妥協せず、人の手を加えずに自分たちの畑、ヴィンテージ、そしてブドウ品種を表現させ、それを消費者に届けることが、彼らの唯一の目的です。偉大なワインの背後にある生産者の大多数は、母なる自然のつつましい奉仕者であります。

     

    こういった生産者は、ワインはビジネスではなく、人間と自然と土地とを結びつける文化であるという概念に執着しています。

    ワインは最上の文明を体現したものであると。

    そして、西洋のすべての主要文明の重要な要素でもあったように、ワインを飲む喜びを分かち合うことで様々な人々が一つにまとまることができることでしょう。

     

  • 続・ワインの偉大さの実用的な定義 3

    セラーの温度と衛生状態:

    温度が低いセラーもあれば、高いものもあります。

    温度が低いセラー(熟成の速度は遅くなり、ワインは酸化しにくい)の方が、温度が高いセラー(アロマや風味の熟成速度は速く、ワインの酸化は早まる)よりも個性的なワインになりやすい。

     

    さらにセラーは清潔か?不潔か?

     

    これらはワインのスタイル、品質、そして個性に並外れた影響を及ぼす要素の、ほんの一部に過ぎません。モダニストたちが主張するように、最高の品質を追求しているときでさえも、ブドウ畑のテロワールよりは人間が下す決断の方が、ワインの特徴に遥かに大きな影響を持つことの方が多いと思います。

     

    テロワールについて私がどう思っているかというと、確かに見事なワインを生産するための重要な要素だと確信はしています。しかし、テロワールの影響力の最も説得力ある例は、ブルゴーニュではなくアルザスやドイツで栽培される白ワイン品種だと思っています。

     

    テロワールについて議論するなら、格別に低い収量の果実を使い、畑固有の天然酵母のみで発酵させ、古樽やセメント槽、ステンレスタンクといったワインに影響を及ぼさない中立的な容器で熟成させ、セラー管理は最低限にとどめて、清澄や濾過をほとんどせずに、もしくは全くせずに瓶詰めしたものでないと始まりません。

     

    もしテロワールが、ワインの味わいの最重要要素であり、ワインを正当化するのに欠かせないのだとしたら、ブルゴーニュで最も有名なグラン・クリュである『シャンベルタン』をどのように理解すればよいのでしょう??

     

    シャンベルタンの13ヘクタールの畑には23の異なる所有者がいます。この内、偉大といえるワインを産み出しているのはほんの一握りしかいません。

    この畑が崇め奉られた畑であることは誰もが知っていることですが、その天まで届きそうな、まるで神を称えているのかと思うほどの評判にふさわしいワインを造っているのは、、

     

    ドメーヌ・ルロワ

    ドメーヌ・ポンソ

    ドメーヌ・ルソー

    ドメーヌ・デ・シェゾー

     

    等です。

     

    さらに、これらの造り手のワインは、それぞれ全く異なったスタイルのワインとなっています。

     

    それ以外の生産者のワインは、並級品もしくは凡作~美味しくないワインです。

    一体どのワインがシャンベルタンの土壌を表現しているのか??理解に苦しみます。。

     

     

    ブルゴーニュの事実上すべての主要な畑についても同様です。

    コルトン・シャルルマーニュと、そこで最も崇拝されている造り手の内4人については、、

     

    フェヴレ社は、この名高い丘の頂上の、最も素晴らしい区画を所有しており、人を動かさずにはおかない、エレガントなコルトン・シャルルマーニュを造っています。スタイルの点では、超絶的な凝縮感を持ち、オークの強い、幅広い風味を持つ、アルコール度数の高いルイ・ラトゥールによるコルトン・シャルルマーニュのアンチテーゼです。

     

    ここでもドメーヌ・ルロワは白ワインというよりはタニックな赤を思わせるような、内向的で硬く、頑強なコルトン・シャルルマーニュを造っています。

     

    ドメーヌ・コシュ・デュりは並外れたミネラルの要素とともに、著しい豊かさと、とろみと、豪華さがあり、ワインの果実味と舌触りにオークが一歩譲ったようなワインです。

     

    畑の価値を正当化するためにテロワール至上主義者たちによって主張されてきた『どこそこらしさ』を、これらのコルトン・シャルルマーニュのうちのどれが表現しているのだろうか?

     

     

    テロワール至上主義者は、知識を詰め込むのではなくもっとワインを飲む(1本1本をじっくりと味わって少なくともボトル2/3は飲みきる)べきです。

    彼らは、名もないジブリ村の畑から造られる偉大なワインよりも、ミシェル・グロの村名ヴォーヌ・ロマネの方が美味しいというのだろうか??

     

    しかし、その一方で、ジブリの控え目な畑からどんなに強烈で凝縮されたワインを造っても、誠実な造り手から産み出されたヴォーヌ・ロマネ・グラン・クリュの真の複雑性や気品には決してかなわないということも事実です。

     

    結論としては、劣ったテロワールから偉大なワインが産み出されることはないこと、そして最高レベルのワインは必ずある程度はその産地を表現しているべきであることが原則だと思います。

    しかしながら、ワイン愛好家はテロワールを塩や胡椒、ニンニクなど調味料と同じように考えるべきだと私は思うのです。多くの料理で欠かせない役割を果たし、料理に素晴らしいアロマや風味をもたらす。しかし、それだけを口にすれば、飲みこむのすら苦痛。さらに、テロワールに関する議論が多すぎて、最も重要な点が忘れられてしまっています。

     

    飲んで、愉しむ価値のあるワインを造る、誠実な『生産者』を識別することが一番大切です。

     

    ~~ 続く ~~

     

  • 続・ワインの偉大さの実用的な定義 2

    エルヴァージュ(ワインの育成):

    ワインが熟成されるのは

    オーク樽か?

    コンクリート槽か?

    ステンレスタンクか?

    あるいは(フランス人がフードルと呼ぶ)オークの大樽か?

     

    また新樽比率はどのくらいか?

     

     

    これらの要素のうち、ワインの特徴に影響を及ぼすのは樽のみです。さらに、ワインを別の容器に移す作業(澱引き)も、ワインのブーケと風味に多大な影響を及ぼします。

     

    澱との接触の期間を長くしたか?

    あるいは、望ましくない澱の匂いがつかないよう、度々澱引きをしていたのか?

     

     

    清澄と濾過:

    テロワール至上主義者が骨の髄まで土壌を表現しているというような、最も凝縮感のある深遠なワインも、過度の清澄と濾過を行えば骨抜きとなってしまい、その個性や豊かさは奪われてしまいます。

    醸造家は細心の注意を払ってワインを扱っているだろうか?

    それとも製造業者や加工業者のようにワインを造っているのだろうか?

     

     

    瓶詰めの時機:

    醸造家は、果実味をできるだけ多く確保するために早めに瓶詰めをしているのか?

    それともより円熟した、熟成した特徴をワインに与えるために遅めに瓶詰めを行っているのか?

    当然、いつ瓶詰めを行うかの哲学によって、ワインの特徴は根本的に変わってしまいます。

     

    ~~ 続く ~~

     

  • 嫌な記事を見つけました。。ボルドーワインはどこへ向かう?

    嫌な記事を見つけました。

    あの悪名高き2005年ヴィンテージにこりず、またボルドーワイン仕掛け人(貴族、ユダヤ系財閥、アラブの商人たち)たちは、嗜好品であるワインを美術品にでも仕立てあげようとしています。。

     

     

    09の1級シャトー、1本当たり1000ユーロ!? : ワインニュース : ドリンク&ワイン : グルメ : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

    【【ボルドー2009年ヴィンテージの1級シャトーのプリムール価格高騰を心配する声が、英国のワイン業界で高まっている。  プリムール(先物取引)では、シャトーがネゴシアンに対して、少量づつ売り出し、そのたびに価格が上昇する。2005年ヴィンテージから、売り出し量を制限し、価格上昇の幅を大きくする戦略が一般的になってきた。史上最高のヴィンテージと評価が高い09年については、1級シャトーの消費者への販売価格が、夏までに1本1000ユーロに達するとの観測も出ている。  スーパーセカンズのシャトー・コス・デストゥルネルCEOのジャン・ギョーム・プラッツや、市場に絶大な影響力を有する米国の評論家ロバート・パーカーは、「9月までに小売価格が1000ユーロに達する」可能性について言及した。】】 ~~ 続く ~~ (2010年4月30日 読売新聞)

     

     

    飲んだら終わりのワインに、しかも最新ヴィンテージが1本10万円オーバーもして良いのでしょうか??

    グラフで見たらず~~っと右肩上がりで数十年間推移しているわけですが、じゃぁコストはというとはっきりいって殆ど変っていないのです。

    あのペトリュスでさえ、コストは1本3000円半ばといわれています。

     

    もちろん偉大なワインなどは、コストから販売価格を弾き出すような代物ではないのですが、しかし余りにも。。

     

    まぁ、「高いと思うのならどうそお引き取りください」と連中は余裕でおっしゃるんでしょうけど。

    何せ、いくら高値の価格が付こうが、世界の高級ワインの代名詞『ボルドー・グラン・ヴァン』などは、買い手は引く手あまたなのでホント強気です。

    特にアジアの需要(中国を筆頭に)が爆発的に伸びており、今後も伸び続けることはほぼ確実ですからどうしようもないんでしょうけど。

     

    各シャトーがファーストラベルでリリースするワインなどは、その生産量は増えないわけです。

    いくら新たな土地を購入しても、それらは各シャトーの別の「ブランドワイン」としてリリースされるしかないわけですから。

     

    消費量は年々増える >> 生産量は変わらない >> 値段は青天井

     

    困ったものです。。

     

  • 続・ワインの偉大さの実用的な定義 1

    さて、もっとはっきりと『テクニカル』な部分に目を向けようと思います。

     

    台木:

    収穫量が多い、あるいは少なくなるように造り手自らが意図して戦略化されているか?

     

    酵母:

    醸造家は、畑固有の野生酵母(自然酵母)を使っているか?それとも購入した培養酵母を使っているのか?

     

    収量と樹齢:

    高収量はワインを水っぽくします。低い収量とは通常1ヘクタール辺り5トン未満もしくは35~40hl/haですが、より多くの凝縮感と個性を持つワインを造ることができます。更に、若い樹は収量が高くなる傾向があり、樹齢の高い樹は実も小さく、造れるワインの量も少なくなります。凝縮感を高めるために、若い樹に対してはしばしば間引きが必要です。

     

    収穫の哲学:

    果実は、より多くの酸を確保するために未熟な段階(青々とした涼しい気候の赤果実の風味となる)で収穫されているか?それとも、その品種のみずみずしさ、豪華さを強調するために完熟してから(ダークフルーツの風味と、低い酸をのたらす)収穫されているか?

     

    醸造哲学と設備:

    ワインのアロマや風味を変えることができる技術は驚くほどたくさんあります。さらに、どのような設備を選ぶか(プレス機、除梗機、等々)によって、出来上がるワインには相当な違いが産まれます。

     

    ~~ 続く ~~

     

ワイン通販なら

想い出生まれ年ワイン、デザイン自由オリジナルワイン

スペシャルコンテンツ

オールドワインの魅力

最新のブログ記事

カテゴリー

タグクラウド

月別アーカイブ