今日もワインを飲んでます そして思いついたことを書きつづる

  • 民主党圧勝

    ご存知のように民主党が圧勝した衆院選。

     

    色々意見はあるだろうが、私個人としては良かったと思っています。

    それは民主党が良いとか自民党がダメとかそういう次元ではない。

     

    すばり、

    権力の中枢に座る者が「変わった」ことに意義がある。

    政権政党は2~3期毎に変わることが理想だと私は考えています。

     

    もはや自民党と官僚はズブズブの関係。

    人間は基本的に自分の首は絞められない。

    いくら理想を掲げようが、自分の不利益になることは根本的によろしくないのが常。

     

    誰かが権力を握り、それが永らく続くとどうしても自らの利益が生まれる構造が出来上がるのです。

    そしてそれが長く続けばどんなに身勝手なことでも当たり前になる。

     

    だから権力者は定期的に変わらなければならない。

     

    誰でも初心は美しく、しかし年月が経てば忘れるからである。

     

  • 最高に美味かった。。

    いやぁ~~、、

    このワインには感動がありました。

     

    これは旨安ワインの旨さではない。

    複雑で深遠...感動的な美味さ。。

     

    まぁ、旨安ワインとはいえない価格なんですけど(小売価格で6千円前半、えっ高いって。)、、

     

    しかし違うんです。

    この価格だと旨くて当たり前なんですが、「価格相対的に考えれば十分安い!」

    それほど6千円前半という価格以上に素晴らしく...もうコート・ド・ニュイの名門どころを飲んでいるとしか思えなくて。。

    だったら1万円以上はするわけで...

    そういう意味では旨安ワインなわけで。

     

    いやぁ~~、感動しました。

     

    ドメーヌ・フランソワ・ランプ/ジブリー・ルージュ・プルミエ・クリュ・プティ・マロル2007

     

    日本ではまったくの無名ですが、世界的に権威あるフランスワイン格付け本”クラスマン”に常連掲載される、既に完成されたドメーヌです。

     

    ブルゴーニュ好きの方なら100%満足できる逸品です。保証できます!

    まさに最上のピノ・ノワール!! 

    しつこいですが...美味かった。。

     

  • 怪物ボルト

    世界陸上が熱い

    ボルト

    まさに怪物。

     

    まだまだ23歳

    スポーツ科学によると、筋力は30歳までは成長するとのことで記録はまだまだ更新されるはず。

     

     

    しかしである・・・

    女子走り幅跳びの選手。。美人揃いで、いやはや

    う、美しすぎますです。はい。。

     

  • 旨安を超えた本格ボルドーワイン

    はっきりいって旨安ワインを越えた旨くて安いワイン。

    シャトー・ムーラン・ド・ラベイの低級キュヴェ、金属タンク熟成物。

     

    ACはメドックと、旨安ワインにしてはボルドー高級銘醸地出身。

     

     

    なんていうんでしょうか...すべてが本格的なボルドーワインなのです。

    とても複雑で鼻腔をくすぐるハーブやミントの清涼感。

    芳しいカシスのアロマ。

    旨安ワインの中心となる新世界カベルネ物と比べ、明らかに内向的で好印象な”薄さ”。それでいて豊かな風味。

    これぞ本格ボルドーの特徴です。

    (私はブログで何度もいってますがボルドーワインは重たくない。爽やかな風味こそボルドーの特徴なのです。)

     

    複数のヴィンテージで数々のメダルを受賞しており、流行のBIO(有機栽培)も政府認定を得ているワイン。

     

    ネットで3千円チョイで手に入る、恐ろしくコストパフォーマンスに優れたプレミアム旨安ワインです。

     

    これからの季節はボルドー。

    自宅のマイセラーに大量にストックされること間違いありません。

    デイリーから何気ない週末にお勧めのワインです。

     

  • これは事件だ。。

    私の旧知の友人にロサンゼルスに会社を運営している者がいます。

     

    現地採用スタッフを責任者に、本人は日本で別の会社の代表を務めていますが...

    そのスタッフがとんでもないことを仕出かしているようです。

     

    なんとロスの会社にストックしている商品(在庫)を利用し、数年前から自分で通販サイトを立ち上げ商売している疑いが。。

    これ完全に横領です。

     

    輸送会社の担当者経由で、会社が出荷指示した物以外の貨物が数年前から大量に出荷されていることが判明したようで。

     

     

    販売する在庫はタダ。

    配送料も会社の貨物として出荷しているのでタダ。

     

    ノーコストで売上がそのまま利益に。

    信用して一つの事業所を責任者として任せているのにこの仕打ち。。ちょっと酷すぎます。 

     

    明日、友人はロスにフライトです。

    大変だろうけどがんばって来てください。

     

  • 恐いですね、インフルエンザ

    インフルエンザがまた流行ってます。

     

    しかしこんな真夏に...

    秋から春に掛けては例年通り流行るわけで。。

     

    もうこうなると1年中インフルエンザ対策を講じなければならないのか??

     

    通年の自然災害にウイルスの恐怖...本当に大変な時代です。。

     

  • すべてを手中に、LVMH。。

    ご存知LVMH(モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)が、これまたご存知シャトー・シュヴァル・ブランを買収したようです。

     

    モエ・エ・シャンドン、ヴーヴ・クリコ、クリュッグなど有名なシャンパーニュ・メゾンのブランドを傘下に収めるグループが、ボルドー、サン・テミリオンのトップシャトーをも傘下に収めました。

    後、キノ・ランクロも。

     

    富と名声、欲しい物すべてを我が手にしたLVMH。

     

     

    この会社、プレミアムビジネスの雄。

    同じフランスのモード系高級ブランド、エルメスやシャネルよりも圧倒的に後発だったにも関わらず、それ以上にルイ・ヴィトンを大成功させた会社。

     

    十分有名とはいえ、メドック1級等と比べれば知名度は完全に劣るサン・テミリオンのトップ・シャトー、シュヴァル・ブラン。これでシュヴァル・ブランのブランディングは更に向上することでしょう。

    当然、価格も一回りUP??

     

     

    また一つ、素晴らしいワインが手の届かない領域へと旅立つのでしょうか・・・。

    だとすれば悲しいことです。。

     

  • 一杯見つけました!旨安ワイン!!

    ご無沙汰しております。

     

    毎日毎日ホント忙しくて、ブログ更新が手に付きません。。

     

     

    さて、以前からブログでもいってたとおり「旨安ワイン」の発掘をすると、

    レビューが永らくなかったので、頓挫しているのではとお思いの諸氏も多いかと思いますが、いやいや、あれからも色々な情報を引っ張って、これはと思ったワインをポンポン飲んで発掘には常に力を注いでいます。

     

    結果として

    2千円台

    3千円台

    のワインで、めちゃくちゃ旨い!

    と思えるワインを一杯見つけました。

     

    ボルドー、ブルゴーニュ、ローヌ、アルザス、ラングドックなど、フランスの高名な銘醸地と、このジャンルではおそらくワイン界の最高峰であるチリワインです。

     

    今日は時間がなくて紹介できませんが、追ってブログにて各ワインをご紹介します。

     

    ヴィンテージワインは感動するほどの至高のワイン。

    とっておきのシーンにはピッタリです。

     

    しかし日常的に飲める価格帯で美味しいワインは愛好家には必需品。

    あくまでも私の主観による評価ですが、乞うご期待くださいませ。

     

ワイン通販なら

想い出生まれ年ワイン、デザイン自由オリジナルワイン

スペシャルコンテンツ

オールドワインの魅力

最新のブログ記事

カテゴリー

タグクラウド

月別アーカイブ