今日もワインを飲んでます そして思いついたことを書きつづる

  • アジアのワイン首都 「香港」

    www.nochuri.co.jp/report/pdf/f0812kai.pdf

     

    今、香港がとんでもないことになっている。

     

    西側のワイン主要生産国の視線も、完全にアジアに向かっている。

     

    すでに西側では成熟市場となったワイン市場を、もうこれ以上拡大することはできない。

    そこで未成熟でありながら、将来的に爆発的に拡大が予想されるアジアのマーケットが注目されるわけだが、残念ながら日本はもう見切りを付けられています。

     

    税率的にも地理的にも、アジアの主要国に再輸出するハブ(拠点)としては魅力がないのです。

    また、意外に思われるかも知れませんが、ワイン貯蔵庫の設備やノウハウなども日本は非常に遅れています。

    裏側に回れば、高級ワインなども常温倉庫で保管されているのが実情。

     

    日本人の感覚的には香港は、「偽物」や「粗悪品」、ましてや管理面において日本より優れていると思っている方は少ないと思いますが、実は完全に日本の上にあり、主要生産国もそれを理解しているので香港を目指します。

    アジアのワイン先進国は香港なのであり、日本はノウハウや設備、そして消費量どれをとっても生産国から見れば魅力がないのです。

    特にフランスなどは本気です。

    香港と政府間で「ワイン事業提携覚書」なるものを締結し、今後双方国家間でワイン事業をWin Win の関係で築いていこうと。。

     

    それと何といってもバックに巨大マーケットの「中国本土」がある。

     

    ステイタスの象徴である高級輸入酒の最たるものは、やはりワイン。

     

     

    業界に生きる者として、香港進出を真剣に考えなければなりません。

     

  • vinexpo 中国人バイヤー多し

    私のフランスのネットワークの一人が、先週1週間ボルドーのvinexpoに視察に行ってきました。

    2年に一度の、世界最大のワインイベントです。

     

     

    その事後報告ですが、

    2年前は中国人バイヤーの姿はまったく見なかった。

    というか気にしなかった……

     

     

    しかし、

    今年は中国人バイヤーがものすごく目立ったと。

     

    現地ではシュヴァル・ブランなどの高額ワインは、日本人バイヤーはまったく買わない。

    五大シャトーなども。

     

     

    5~10年後には、もう格の高いワインは、その殆んどが中国向けが正式リリースになるのかも。

    収量は増えないのですから。。

     

  • シャトー・カロン・セギュール 1986

    090621_1754~0001 090621_1754~0002

     

    ケース買いしたカロン・セギュール。

    オールドヴィンテージですので、エチケットの汚れや多少の破れはアリというスタンスなのですが、このカロンはまだ23年目。

    23年目にしてはちょっとエチケット行き過ぎで……しかもヴィンテージのところが擦れ破れで消えかかってます。。

     

    これではさすがに売り物になりませんので、自分でサクッといただきました♪

     

    フランスではボトルを人の背ほどの高さまで積み上げるので、擦れてエチケットが破れることが良くあるのです。。

    中身はまったく問題ないのですが、日本のお客様は世界一見た目にうるさいので……。

     

    と色々な言い訳を付けては……実は自分が飲みたいだけだったりして。。

     

     

    090621_1801~0001 090621_1802~0001

     

    ってか久しぶりにやっちゃいました。。

     

    引き抜く途中でコルクが砕け、瓶口内に残ってしまった。。

     

    しかし、焦る必要はありません。

    普通にその上からスクリューを差し込みます。

     

    すると、ホラッ★

    090621_1804~0001 090621_1820~0001

    問題なく抜けました。

    古酒の抜栓は、ゆっくり丁寧さえ守れば特別難しくはありませんのでご安心ください。

     

     

    見てください。

    このセピアに染まった淡い色調。

    凝縮感に富むカロン・セギュールとは思えませんね。

     

    例の如く、オールドヴィンテージらしい乳酸香が出迎えてくれます。

    複雑です。

     

    飲み干すまでに1時間足らず、、、美味かった。

     

  • シャトー・ブラーヌ・カントナック1978

    090618_1227~0001

     

    ご存じマルゴーの名門クリュ、シャトー・ブラーヌ・カントナックの1978。

     

    造り手、ヴィンテージとも良好。

    飲む前から美味いことは誰でも理解できる代物。

     

     

    30年以上の熟成を示す淡い色調。

    蔵で静かに眠り続けた証の綺麗なディスク。

     

    ACマルゴーらしくボルドーでもトップクラスの香り高さ、高貴な魅力で飲み手に迫る。

    そのアロマはとても饒舌で外交的なものだが、濃い暑苦しさはなく爽やかなニュアンスでうるささはない。

    いくらかの甘み、ミディアムからフルボディ、アフターにピリピリする酸味を帯びてます。

     

    30年の熟成によりタンニンは昇華され、すでに偉大なワインへと成長を遂げております。

    完全に「至高のクラレット」といえるでしょう。

     

    旨安ワインにはない貴族的なニュアンスの「高貴さ」があり、感動をいただきました。

     

  • アキタニア・アガパント・カベルネ・ソービニョン2004

    090320_0316~0001

     

    久しぶりの旨安ワインのレビュー。

     

    アキタニアという造り手は、シャトー・コス・デストゥルネルの元オーナー「ブルーノ・プラッツ」と、シャトー・マルゴーのキュヴェニスト「ポール・ポンタリエ」が手がけたワイナリー。

    彼らがチリという新しい土地の可能性に賭けて設立したワイナリーで、名前からしてワクワクさせられます。

     

    価格は2300円と低価格だが、フランチオーク樽12ヶ月熟成と、中々の上級キュヴェ仕様。

    ここら辺はチリワインの強みですね。

     

     

    はっきりいって、「複雑でバランスが良い」。

    ワンクラス上の価格帯のワイン!

    旨い☆★

     

     

    エキス分がパンパンに詰まったようないつものチリワインとは別で、色調は明るめで微かに(ホントに微かに)褐色化したディスク。

    カシス香、スパイス香、トースト香、ミントの爽やかなニュアンスのハーモニーで素晴らしいんですが、何と熟成した還元香などとても複雑な味わいが楽しめる。

     

    テクスチャーもチリワインの噛めるんじゃないかと思ってしまうような厚くコクのあるものではなく、滑らかでこれも熟成したワインのニュアンスを感じる。

    タンニンも丸く、適正範囲に上手く納まっています。

     

    はぁ、何これ?

    これってチリワインなのか??

    相当旨いよ、これ。。

     

    濃厚で饒舌で陽性のわかりやすく親しみやすいチリワインの旨さではなく、高級ワインの持つニュアンスがあるのです。

     

     

    私が推測するに、チリワインはリリース後直ぐに飲んでおいしい構成ですが、このワインは既に熟成5年目。

    もしかすると若干エキス分がくたびれかけており、でもそのくたびれ感がピンポイントでマッチし、ど真ん中だったのかも知れません。

     

    真意のほどはわかりませんが、いずれにしてもこのワインが美味かったことは確かです。

     

    100点!

     

  • 事故!ムートン1987が……

    輸送中に事故が起こってしまいました。。

     

    090616_1224~0001 090616_1224~0002

     

    こちらに到着したワインを検品していたら……なんとエチケットがはがれている(?_?)

    しかもムートン1987年)゚O゚( ヒィィィ

     

     

    もうこうなってしまうと売り物にはなりません。

    よりにもよってムートンのような高額ワインが……。

     

    ここら辺が、オールドヴィンテージの難しい所です。

     

    液面はイントゥーネックと非常に良好で、中身の品質自体は最高なんでしょうけど、さすがにエチケットが剥がれたものとなると……販売不可ですよね??

    勿体ない(ToT)

     

     

    ってことで仕方ないので自分で飲みます☆★

     

  • 1949年物、還暦プレゼントに需給逼迫

    すっかり更新がご無沙汰しております。

    仕事が忙しくて、中々時間が取れませんでした。

     

    さて、フランスのオールドヴィンテージ事情として、現在1949年物のワインが世界中から買われまくっています。

    還暦のプレゼント需要ですね。

     

    さすがに60年物となると、構成レベルが相当高いワインでないともう枯れてます。

    かといって60年物の格の高いワインとなると、大枚をはたかないと手に入りません。

    そこで「リヴザルト」なるものが人気です。

     

    これは発酵途中にアルコールを添加したもので、甘口のデザートワインです。

    発酵途中にアルコールを添加することにより、長期保存にもビクともしません。

    お値段も末端価格1万5千円前後でお出しできるので、還暦プレゼントという特別な贈り物としては許容範囲のお値段ではないでしょうか。

     

    私もフランスで1949年物を探したのですがもうボトリングされた物は殆どなく、色々生産者を当たったところ樽熟で保存しているところがありました。

    樽ごと買わなければならないので大変ですが、1949年物のワインを新品のボトルに詰め、新品ピカピカのエチケット(ラベル)で出せるわけです。

     

    後、半年ほどは1949年物が還暦重要としてまだまだ見込まれますので、いくらか樽ごと買い付けるつもりです。

     

    また取扱いリストにアップしますので、こうご期待ください。

     

ワイン通販なら

想い出生まれ年ワイン、デザイン自由オリジナルワイン

スペシャルコンテンツ

オールドワインの魅力

最新のブログ記事

カテゴリー

タグクラウド

月別アーカイブ