翌日お届け 1万円以上で送料無料

プレゼント専門!スペシャルワインギフトのシエル・エ・ヴァン

お電話でのご注文はこちらをタップ
  • トップ
  • ログイン
  • マイページ
  • カートを見る
  • お問い合わせ
  • 翌日お届け
  • 豊富なラッピングメニュー
  • 1万円以上で送料無料

■□ 運営会社変更のお知らせ □■
当サイト「シエル・エ・ヴァン」は、本年8月より事業譲渡により運営会社が変更となりました。
現在、各種変更手続きやオペレーション構築の為、誠に勝手ながら一時休業をいただいております。
営業再開は、本年初冬を予定しておりますので、ご迷惑をお掛け致しますが、今しばらくお待ちくださいませ。

合同会社PARKSM

ブルゴーニュワイン
農家が造り出す珠玉

ブルゴーニュは、ボルドーと双璧をなす銘醸地です。
ブルゴーニュワインはボルドーワインと比較するとタンニン分が低く渋味を抑えた味わいですが、逆に酸味は強くビロードのような喉ごしとアルコール度数の高い力強いワインです。ボルドーが力強くブルゴーニュワインは繊細といわれることが間々ありますが、深くワインを理解すると実はブルゴーニュワインの方が『ある種』力強いということがわかります。事実フランスの格式あるグラン・メゾンでは、ソムリエのサーヴィスは先にボルドーで次にブルゴーニュと続くケースも珍しくありません。もちろん個々のワインにより変動しますが、ワインガイドのように『ボルドーは力強くブルゴーニュは繊細』などと画一的な評価基準はまったく当てになりません。。

ブルゴーニュワインを探す

ボルドーが造り手の技術が最大の品質基準とすれば、ブルゴーニュは造り手とテロワール2つの要素が品質基準といえます。
土質の違う地層が複雑に絡み合っており、道一つ隔てただけで土の性質が変わります。更に丘陵地帯であり、日照量や気温などが畑によってかなり異なります。このような畑の違いがワインに個性を与えます。

よくワイン造りは「天・地・人(天候・ブドウ畑の土質・造り手の技術)」三位一体にいわれますが、複数の品種をアッサンブラージュするのではなく、赤はピノ・ノワール、白はシャルドネという単一品種で造り出されるワインはブレンドによる逃げ場がなく、より天・地・人が重要なキーワードになります。土・気候、そして人の手が相まって繰り広げられる神秘の技が、これほど複雑な様相を呈しているワインはありません。

ブルゴーニュワインそれは飲み手を語り手へと変貌させる媚薬

世界の二大銘醸地、ボルドーとブルゴーニュですが、これを"VS"で捉えることはナンセンスです。
使用ブドウからテロワール、またワイン造り全般におけるスタンスが異なるわけで、当然ながら完成されるワインのスタイルも異なります。

しかしブルゴーニュが長い年月をかけて完成させたスタイルがあり、このスタイルはフランス中で、あのボルドーでさえもお手本にされてきました。それは"手造り仕込み"です。

ブルゴーニュのワイン造りは自然に則した方法で、効率とは対極にある信じられないほどスローな取り組みがなされます。その結果2品種(ピノ・ノワール、シャルドネ)のブドウから奇跡ともいえるアロマが引き出させるようになりました。
一時は技術の進歩によってこうした面倒な仕事をしなくても、もっと簡単な方法で同じ成果が得られるといわれたことがありましたが、そのような試みは失敗し、各地区の醸造家達は昔ながらの製法へと立ち戻ったのです。

またブルゴーニュは小規模生産者が殆どで、ボルドーの大規模シャトーと異なりオーナー自らが畑仕事から醸造まで殆どの仕事をこなします。それは名高い名門ドメーヌでも同じで、このようなことからこの地では造り手個人のスターが誕生します。ボルドーのように1級シャトーや2級シャトーといったワイナリーがブランド化されるのではなく、ただ一人の農民がスーパースターとなり伝説を造るのです。
このような事象や難解な原産地制度の理解がよりマニアの心をくすぐり、ボルドーワインはキラキラ輝く高級ブランドとして世界の頂点に君臨するのに対し、ブルゴーニュワインはワインの魅力に取りつかれたマニアックな愛好家の支持が多いようです。

ブルゴーニュワインを探す

ワインを深く理解しようとするときブルゴーニュは絶対に外せません。
原産地制度のお手本として最も参考になる銘醸地であり、情報量も豊富だからです。 またテロワールの概念やワイン造りに見る人間と自然との交わり方、力関係、それを理解することによる謙虚な姿勢。これらを理解するにブルゴーニュほど適している土俵はないのです。

また大いなるワイン史において、たった一人の人物の生き様がこれほど語り継がれる土地は世界中のどこを見渡してもないでしょう。ここには、「天才」「奇才」という表現がふさわしい、語り継ぐべき尊敬に値する人物の多くを育んだ土地なのです。

ボルドーワインをある程度理解したならば、次はブルゴーニュを理解するのがセオリーです。
始めは取っつきにくく難解だと思う部分が多いブルゴーニュですが、ハマり出すと面白くて抜けられなくなります。そしてワインの深みに進むに連れ、信仰にも似た思いが芽生えこの地に魅了されることでしょう。

  • 名入れオリジナルラベルワイン
  • 生まれ年 記念日のヴィンテージワイン
  • 特選ワインのギフト券
  • ハートラベルワイン
  • 恋のエピソードを持つワイン
  • おまとめ注文
  • ラッピング
  • お客様の声
  • 愛のワイン物語