シャトーが造る宝石【ボルドーワイン】 プレゼント専門!シエル・エ・ヴァン

シャトーが作る宝石 ボルドーワイン

すべてのステイタスを手に入れたボルドーワイン

ボルドーワインはフランスAOCワインの約三分の一のシェアを占めるほど巨大な生産量を誇ります。その知名度は、世界中のどの産地であっても勝負にならず、ワイン愛好家はもちろんライトユーザーでさえもが高級ワインの代名詞として注目し、プリムールではどんなに高額な値が付こうとも世界中のバイヤーは買いを入れ、格付けワインやそれと同等レベルのグラン・ヴァンはアッという間に売り切れます。
それはひとえに、”ブランド戦略”によりこれほど商業的大成功を収めているワインは他にはないからです。生産者=ブランドという解りやすさ、ステイタスをあおる格付け制度、ボルドーと双璧をなすブルゴーニュであってもマーケットシェアとなれば比較になりません。

ボルドーワインを探す

シャトーや元請けネゴシアンなどの多くは貴族。潤沢な資金力に強力な政治力。またおよそワイン造りとはかけ離れたビジネススーツに身を包んだMBAホルダーがマーケティングを担当。そしてもちろん世界最高レベルのクオリティで広く一般に成功し、またコアな愛好家をも唸らせるワインがボルドーなのです。

ボルドーワインはどっしりとした濃厚な味わいといわれます。カベルネ・ソーヴィニヨンをベースに数種をアッサンブラージュして造られるワインで、大規模生産者が多く、醸造設備や技術の近代化が進み、それが品質向上や収穫年に左右されにくい安定したワイン造りに寄与しています。まさに伝統技術と近代技術のハーモニーです。

ボルドーワインに共通する奇跡のボルドースタイル

写真

さて、先にボルドーワインは「どっしりとした濃厚な味わい」と記述しましたが、実はボルドーの共通スタイルとして確立された特徴はこれとは相反するものです。
他の産地で造られる同種のセパージュでは決して再現できないスタイルを備えています。

それは「清涼感」です。 ボルドーワインは決して重たくありません。低級から高級キュヴェに至るすべてに共通するスタイルとして、爽やかなフィネス(洗練さ)があり、いずれのワインもスルスルと飲み干すことができるのです。

この特徴は他の産地で造られる同種のセパージュには欠けている要素です。この銘醸地にのみ与えられたテロワールであり、それは数え切れない多くの要素が「良質なブドウが育つ」というただ一点にのみ見事にシナジーするという奇跡といえます。 ミクロでは土壌や微生物。マクロ的には、どこにどのような高さや形の山があり、丘があり平原があり、どのような川があり、風がどの方向から吹き付けるなどの地形、また風の強度や温度、そして雨量や日照量に日当たりの角度、気温に湿度といった気候。ミクロ的にもマクロ的にも最高のブドウを育て上げるために、いくつもの要素が奇跡的に合致した銘醸地がボルドーなのです。

それゆえ世界中から醸造家がこの地を訪れ、栽培から醸造技術、ブドウ苗を持ち帰って自社畑で育てたりと、あらゆる施策にチャレンジしますが、真のボルドースタイルの再現には至りません。

ボルドーワインを探す

個人により趣味嗜好は異なりますが、好む好まざるに関わらず、ワインの王道には間違いなくボルドーワインが存在します。
国際市場において最も人気を誇るカベルネ・ソーヴィニヨンの故郷といわれ、ストーリーテラーとして愛好家を引きずり込む、興味深くも華麗な歴史を持つ銘醸地が他にあるでしょうか。それは各時代の要人をも登場人物として内包するほど壮大なスケールを持つのです。そして品質基準として世界中の多くの醸造家が目標とする事実がある以上、同種のセパージュ(カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロを主体とする)におけるワインの頂点に君臨することに反論の余地はありません。

もちろん人気品種であるカベルネ・ソーヴィニヨンの銘醸地は世界中に存在し、特に台頭目覚ましい新世界の活躍に疑問の余地はありませんが、カリフォリニアのカルトワインがどれほどの高価なプライスで落札されようとも、真のプレスティージュ性においてボルドーワインを超えるにはまだまだ至っておりません。

ワインの世界観を深めようとするならば、"まずは"ボルドーを学び王道を知ることが、偏った主観や独断を避けるためにも理想的といえるでしょう。

二大銘醸地 - ボルドーワイン

ページの先頭へ

  • 人気のギフト 名入れ・オリジナルラベルワイン
  • 想い出が詰まった感動ギフト ヴィンテージワイン
  • 特選ワインのギフト券 お中元・お歳暮・お祝いお返しに
  • 恋愛や感謝ギフトに ハートラベルワイン
  • 恋の大一番に 恋のエピソードを持つワイン
  • おまとめ注文
  • より華やかにラッピング
  • お客様の声
  • オリジナルムービー愛のワイン物語
ワインを選ぶ
ヴィンテージで選ぶ
1948年(69歳)
1949年(68歳)
1950年(67歳)
1951年(66歳)
1952年(65歳)
1953年(64歳)
1954年(63歳)
1955年(62歳)
1956年(61歳)
1957年(60歳)
1958年(59歳)
1959年(58歳)
1960年(57歳)
1961年(56歳)
1962年(55歳)
1963年(54歳)
1964年(53歳)
1965年(52歳)
1966年(51歳)
1967年(50歳)
1968年(49歳)
1969年(48歳)
1970年(47歳)
1971年(46歳)
1972年(45歳)
1973年(44歳)
1974年(43歳)
1975年(42歳)
1976年(41歳)
1977年(40歳)
1978年(39歳)
1979年(38歳)
1980年(37歳)
1981年(36歳)
1982年(35歳)
1983年(34歳)
1984年(33歳)
1985年(32歳)
1986年(31歳)
1987年(30歳)
1988年(29歳)
1989年(28歳)
1990年(27歳)
1991年(26歳)
1992年(25歳)
1993年(24歳)
1994年(23歳)
1995年(22歳)
1996年(21歳)
1997年(20歳)
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
タイプで選ぶ
赤ワイン
白ワイン
ロゼワイン
甘口赤ワイン
甘口白ワイン
スパークリングワイン
ブドウで選ぶ
産地で選ぶ
生産者で選ぶ
  • お得!ワケありセール品
    わけありワイン
プレゼントにワイン
二大銘醸地
奇跡の甘味
ヴィンテージ概観
ヴィンテージワイン概観
1957年(60歳)
1967年(50歳)
1977年(40歳)
1987年(30歳)
1997年(20歳)
2007年(10年物)