今日もワインを飲んでます そして思いついたことを書きつづる

想い出を内包する感動ギフト、生まれ年ワイン。写真・メッセージで自由にデザイン、オリジナルラベル。

カワサキ401走行会参加 2014年9月10日


またまた行ってきました、カワサキ401会主催のサーキット走行会。
場所はいつもの通り、岡山国際サーキットです。
(そう、今回はワインねたではありません。。)

前回はカワサキが誇るスーパーミドル、ZX-6Rだったのですが、今回は新しく納車しましたBMW S1000Rにてチャレンジ。
間違いなく、現在地球上に存在するネイキッドスポーツバイクの中で最速のマシンです。

まだ納車したてで、走行距離が600Kmそこそこと慣らし中なので、8000rpmを上限とした走り方をしなければならず、ちょっとフラストレーションがたまります。

ただ、仲間内からはもちろん、同じピットを使用する知らない人達からも、「S1000Rやっ!」、「初めて見た!」という憧れと羨望の眼差しを一身に受け、ちょっと得意げ~~、快感でした。

最新の超人気バイクということで、納車も4~6か月待ちで、日本全国でもおそらくまだ100台も流通していないでしょうから、事実、街中でもサーキットでも他には見たこともなく、既に手にしている自分は幸せだなぁ~~と再認識しました。
ありがとうございます、ありがたくいただいときます。

当日は残暑が厳しいといえるほどの晴天で、絶好の走行会日より。

サーキットは何回走っても、1本目はやっぱりドキドキ緊張します。
走っているときは気づきませんでしたが、バイクを降りた後、妙に胃が痛いことに気づく。

「あれ、何かめちゃくちゃ胃が痛い。。」

きっと1本目ということで、緊張や恐怖感で極度のストレスがかかったのでしょう。
まぁ、バイク走行の緊張感や恐怖感は、ストレスでもあり快感でもあるので、1本目はどうやらストレスが勝ったようです・・・諸刃ですね。。

当日は最高のお天気に恵まれていたはずなのですが、そこはやはり「山」。
夕方前から雲行きが怪しくなり、ラスト走行の3本目は雨の中のスタートとなりました。

微妙だなぁ~~、と思いながら走っていると、とある左コーナーでリアタイヤがズリズリ~~って・・・思いっきりスライドするではありませんか。。
しかし、そこは電子制御デバイス満載の最新最強わがマシン!
間髪入れずに、トラクションコントロールとアクティブサスペンションDDCが作動し、何とか無事にクリアできました・・・まるでガンダムかトランスフォーマーのようです。。

まだ納車したばかりの新車で転倒なんて勘弁勘弁。
既に2本を気持ちよく走ったし、高校生の走り屋でもないのだから雨の中まで走りたくないわってことで3周ほどでピットイン。

ほんの少しケチがつきましたが、それでも前2本は気持ちよく走れたし、やっぱりサーキット走行は最高に楽しいです!!

前回同様、日中興奮状態だった全身の細胞を落ち着かせるべく、夜は最高のワイン、
ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ / サルヴィオーニ 2009
をじっくりゆっくりといただきました。
あぁ~~、思いっきり走った日の夜に、陰性の大人びたワインを飲むと・・・もう病みつきになりますね。

バイク最高!ワイン最高!!
といつものように締めくくらせていただきます。

八田浩一(BMW S1000Rで駆ける-1)
ブレーキング直前。しかし車格のあるバイクだなぁ~~。
180cm ある私が乗ってもバイクちっちゃく見えないもんね。

八田浩一(BMW S1000R フルブレーキング)
フルブレーキング!!
視界は歪むわ、狭くなるわ、けたたましいノイズは響くわで・・・一番怖くてストレスな瞬間。
でもこれが「抜ける」「抜けない」に大きく影響するのでビビらず突っ込みます。

八田浩一(BMW S1000R ハングオン)
ひざすりすりハングオン。
こちらはノーストレス!コーナリング派の私には一番気持ちいい瞬間です。
ストレートじゃないんだよねぇ~~、バイクは。
ハーレー乗りさんごめんなさいね。

八田浩一(BMW S1000R クリップ直前)
まだ寝かしてる途中ですよ・・・一番深いバンクショットが欲しかった。。
まぁ、ただで撮ってもらってるんで文句言えないですね。
カメラマンさんありがとう!

八田浩一(BMW S1000Rで駆ける-2)
ウォンッ!ハクッ!グバッ!!
バリ伝見てた人には懐かしい響きですね。

コメントする

トラックバック

トラックバックURL: http://www.ciel-vin.jp/mt5/mt/mt-tb.cgi/3440

ページの先頭へ

スマホ版で見る
ワイン通販なら
  • ヴィンテージワイン専門店シエル・エ・ヴァン
プロフィール
  • 八田浩一プロフィール
スペシャルコンテンツ
  • オールドヴィンテージワインの魅力
  • オールドヴィンテージシャンパンの格式
最新のブログ記事
カテゴリ
タグクラウド
RSS
月別アーカイブ
Google+